減圧蒸留式小型廃液処理装置(ヒートポンプタイプ)

減圧蒸留式廃液処理装置の少量処理タイプ

※写真左:10H型、右:25H型

特徴

火気を使用しない減圧蒸留方式で安全で効率的な処理が可能です。

処理中の異臭や加熱による有害物質の発生も極めて少ないシステムです。

高い濃縮倍率を実現し産廃処分費用の大幅削減が可能です。

必要なのは少量の電気と消泡剤のみです。

24時間連続運転による労働負荷の軽減。

濃縮釜の自動洗浄機能搭載。

タッチパネルによる操作性の向上。

濃縮釜の自動洗浄機能搭載。

設置場所を選ばないコンパクト設計。

処理水は排水基準を満たす場合は排出可能です。

処理水を再利用することで水道代のコスト軽減につながります。

対象廃液

・水溶性切削由、メッキ廃液、重金属含有廃液、PS版用現像液、リン含有廃液、塗料廃液、各種濃厚廃液

使用用途

・産廃費用、研究/分析廃液、印刷工場、メッキ工場、化学工場、各製造業

システム

ラインナップ

型番 処理能力 外形寸法 重量 制御方式
5H 5L/hr W700×D900×H1,430mm 約240kg(運転時:約280kg)    ヒートポンプ方式
10H 10L/hr
W800×D1,000×H1,430mm 約260kg(運転時:約320kg)
25H 25L/hr
W1,500×D1,052×H1,900mm 約585kg(運転時:約825kg)
100H 100L/hr              2017年11月リリース

アールエナジー株式会社

ENTER