renergy.jpg

AOP(UV+オゾン+酸化剤)酸化処理システムで有機物の高度ノンスラッジ処理

排水中のCOD,BOD,TOC等の有機成分を強力分解

2015-10-19 19.09.00.png

概要

近年、注目が集まる光酸化水処理技術AOPは高いエネルギーをもつ紫外線の波長から作られるオゾンとの反応で最強の活性酸素を生成させ、汚染物を酸化分解して水を浄化する技術であります。さらに酸化剤との併用で酸化力を増大させ低濃度有機物質を効率良く分解させます。

特徴

・オゾンはUVの波長と酸素の反応で作られますのでオゾン発生装置等は不要です
・低い濃度まで高度に処理ができますので水の再利用や循環処理に適します
スラッジなどの残留物が発生しません。
・難分解性の有機性汚染物質も分解可能です ※排水の性質により変動
・紫外線・オゾンには強い殺菌力があるため高度な殺菌処理が可能です。
・酸化剤の併用で酸化力が増大いたします。

長寿命

・ランプは約8,000時間で長寿命です。

処理能力

・ご使用条件に合わせてカスタム可能です。
※テストにて効果を確認後決定していきます。
screen-capture-1.png

仕様

・反応槽材質:SU304
・ランプ切れ警報出力標準装備 
・処理水温度:10~50℃ 
・周囲温度:5~40℃  
・ランプ寿命:8,000時間(連続点灯) 
・入力電圧AC100Vor200V 
・周波数:50or60Hz指定

システムフロー

screen-capture-2.png
※参考フロー

処理データー

排水の種類 計量項目 反応時間 酸化剤 原水濃度(mg/L)         処理後濃度(mg/L)
クーラント排水 BOD5
12時間 H2O2 170 28
プリント基盤製造排水 CODmn
 1時間 H2O2 41 21
プリント基板製造排水 CODmn  2時間 H2O2 41 15
プリント基板製造排水 CODmn  4時間 H2O2 41 10


REロゴ.jpgアールエナジー株式会社

ENTER