renergy.jpg

フロックス凝集剤で産廃廃水を無害化

廃水中のCOD、BODを低減する環境に優しいゼオライト系凝集剤

sign-5.png

概要

フロックス凝集剤は無機(ゼオライト)系の薬剤であり環境、生態系に優しいのが一番の特徴で安全性が極めて高い水処理剤です。
現在無機系凝集剤で最も多用されているもののひとつにPAC(ポリ塩化アルミニウム)がありますが単独での凝集力が弱く有機高分子凝集剤と併用して使用されていることが多いのが現状です。フロックスは有機高分子凝集剤を必要とせず単独で懸濁物質を従来工法以上の凝集力をもって処理し、環境・生態系への悪影響を排除した新しいタイプの凝集剤です。また、天然鉱物を中心に構成されており自然の土に近い成分の為安全性も極めて高く成分及び使用方法の両面から安全な製品でございます。

特徴

・あらゆる水質に効果を発揮します。
フロックスはあらゆる汚染物質に対し機能を発揮します。廃液の液性が酸性・アルカリ性いづれでも中和剤無しに中性域へと導くことが可能です。(pH5〜9)

・重金属類の有害物質を無害化します
フロックスは廃液中に含まれる重金属類などの有害物質を不溶化できる新しいタイプの凝集剤です。環境、生物に対する安全性が確保できます。

・使用量の目安
1㎥の廃水に対して
■工事濁水等(比較的処理が容易な廃水)100g〜250g程度(100ppm〜250ppm)
■工場廃水等(廃液内容が複雑な廃水)1,000g〜5,000g程度(1,000ppm〜5,000ppm)

処理の一例

screen-capture-10.png

凝集剤比較

screen-capture-3.png
フロックスの安全性確認試験:有害物質24項目は検出されません。魚類7日間生存テスト実施済み。環境・生態系に悪影響はありません。


REロゴ.jpgアールエナジー株式会社

ENTER